ブログ

小金井市 公立中学3年生の新しい生徒さん

5月から始める男の子でまったくの初心者。受験生ともなると大概みんなやめていきますが、なぜか今からやってみたいとのこと。私としては大いに結構、いいんじゃないですか。という気持ちです。指を動かすことは、今いろいろなメディアでも脳にいいといわれています。実際ピアノを弾いた後は気持ちも頭もクリアになるし、やる気も出てくる気がします。勉強、部活、塾など忙しい生活の中に少しだけピアノを取り入れると気晴らしになること請け合いです。

ピアノソロ、連弾、デュエット、ミュージックベル、器楽合奏、てんこ盛り発表会無事終了

2015021520580000

いろいろなことをやってもらいました。ソロは、間際までまちがえてばかりでどうなるのだろうと心配だった子も、本番は一番いい出来。スゴイです、あの集中力。ベルも器楽合奏も当日のリハーサルのみの初全体合わせ。リハーサルのできは、当然悲惨な出来栄えで、「えい、どうにでもなれ。」とおもってしまいましたが、これまた集中力の結集で音楽になっていました。毎回発表会では、生徒さんのいつもと違う面を発見できるとても有意義な時間です。それとともに発表会を最後に受験体制に入るということでやめられる方も。達成感とともに消失感を味わう一日です。発表会は、一つの目印みたいなもので、それに向かって頑張ってみようと思うことができます。実際私も、たぶん発表会がなければ、練習さぼってばかりで、老いとともに指が動かなくなっていくに違いありません。細々とでも、発表会は続けていきたいものです。ちなみに、来年は、2月28日、日曜日、保谷こもれびホールに決定しています。写真は、生徒さんたちのお宅から頂いたお花です。毎年お気遣いありがとうございます。

発表会まであと3日

まだ危なっかしい弾き方をしている子がいて、前日までレッスンをします。レッスンというより確認と励ましをするだけですが・・・。子供は、本番にスゴイ力を発揮します。きっとうまくいくといつも信じています。一番信用できないのは情けないかな私自身。

 

発表会のプログラム

201502052320000015日の日曜日、いよいよ発表会です。やっとプログラムが出来上がりました。イラストはホームページにも書いてもらった私の教え子。ほんわかした絵で癒されます。が、癒されてばかりもいられず、まだ出来上がっていない子もいて心配はてんこ盛り。でもなにより自分が一番信用できず、練習しなければいけないのに・・・。今年は、いままでで一番ソロの参加者が少なく、少しさみしいですが、連弾4組、デュエットやミュージックベル、器楽合奏で楽しいものにしたいと思っています。さー、どうなることやら・・・。

認知症予防

今日、林先生の番組で、ピアノを弾くことは認知症の予防になる。といっていました。指を動かすことで脳の広範囲を活性化できるとのこと。さらに両指を動かさなければならないピアノは、右脳左脳を働かせるので効果的とのこと。小さいお子さんは勿論、年配の方も今からピアノを始めましょう。